FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ロボットに笑われる

◆「ハウスロボットがやって来る」は、このブログのタイトルですが、ロボット業界では「--やって来る」がブームなのでしょうか。
 きのうブックファースト梅田店で買った本は「ロボットが教室にやって来る」(荒木貴之著、教育出版)です。立命館小学校のロボティクス科の授業を紹介しています。

 ロボティクス科とはサイエンスを重視した体験学習のことを言うらしいです。1年生から6年生と、一部中学生までを対象にしたカリキュラムが用意されています。授業は主にロボット(電子)工作教室で、理科、技術科、図画工作などの時間に行われますが、生活科や道徳いった一見ロボットとは関
係ない科目でも行われているようです。

 ロボット(電子)工作については、もう語るまでもないと思いますが、道徳の時間では5、6年生と中学生が対象です。
 そこでは「自分の役割りを自覚し、協力して主体的に責任を果たす」(5年生)とか「社会に奉仕する喜びを知り、公共のために役立つことをする」(6年生)、「公徳心、社会連帯の自覚を高め、よりよい社会の実現に努める」(中学生)といった授業が行われています。

◆これを読んで、先日、大阪・日本橋の日本橋小学校で行われたロボカップ大阪ノード大会で、でんでんタウンのYさんが言って言葉を思い出しました。

 それは「今回の大会に参加して危惧することがある」というのです。
 その中のひとつに「選手のモラルが低下して、ちゃんと挨拶しなくなったこと」が挙げられていました。

 ロボット以前の話ですが、立命館小学校ではロボットの授業の中で、そうした生活の基礎を教えているのです。
 挨拶は基礎中の基礎でしょうから、それが出来なければ、ロボットに笑われてしまいますよね。

◆詳しくは本を読んでみてください。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

デジタリアン

Author:デジタリアン
デジタリアンの「ハウスロボットがやって来る !!」にようこそ。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ねこのてデジタル時計(クリ)

最近のコメント

FC2カウンター

QRコード

QRコード

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。