FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ハウスロボットの幕開け

 ロボットが各方面で持てはやされている。
 ロボットは将来のビッグ産業として期待されているし、またロボットに関心を持つ子どもたちに科学に興味を持たせるきっかけ作りになるなど、ロボットによる効能は大きなものがある。

 エレクトロニクス業界にとっても、ロボットは将来の大型商品として期待が大きい。
 このブログでは、期待だけで終わらせることなく、ロボットを産業として育てていくといった観点から、私たちの生活に最も身近な存在となるロボットを”ハウスロボット”と名付け、今、進められているロボット開発や人とのかかわりなどの動きを見ていきたいと思う。

 第1回目は「ハウスロボットの幕開け」をお届けする。

 将来、家庭生活にロボットが入ってくることを想定すると、まず考えられるのが、本格的な家事や要介護者の介護作業を手伝わせたり、留守番や防犯などホームセキュリティを任せたいといったことだろう。

 すでに一部は試みられており、そんな近未来小説的な暮らしもそんなに遠い話ではなさそうだ。
 
 たとえば掃除。今の家電製品の中で最もロボット化が遅れている分野だ。
 自動的に室内を動き回り、ごみを取り除いてくれるといった掃除ロボットは、すでに日本でも販売されている。

 大手掃除ロボットメーカーのアイ・ロボット社(米国マサチューセッツ州) の家庭用自走ロボット掃除ロボット「ルンバ(Roomba)」がそれだ。

 センサーがゴミやホコリを探知し吸い取ってくれる。
 センサーは階段や障害物を回避し、自らが部屋の形状を認識し稼働時間を自動調節する。1回の充電(約3時間)で、連続約90分から120分間使用できるという。

 散らかった部屋を片付けるところまでは進化していないが、ごみやホコリを自動的に取り除いてくれるあたりは、従来の掃除機からはかなり進化した賢さだ。
 これを見ていると本格的な掃除ロボットの出現は、意外と近いかもしれないと感じる。
 人に代わって買い物をしてくれるロボットの出現も近いかもしれない。

 ロボットがショッピングセンターの中を案内したり、荷物を運んだりするという実験も進められている。
 ロボットのタッチパネルで店舗を選ぶと、ロボットが人の歩く速さで店まで連れて行ってくれる。
 将来はお遣いに行ってくれるロボットが出現するかもしれない。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

デジタリアン

Author:デジタリアン
デジタリアンの「ハウスロボットがやって来る !!」にようこそ。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ねこのてデジタル時計(クリ)

最近のコメント

FC2カウンター

QRコード

QRコード

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。